フェイシャルエステってどんな効果があるの?持続期間やおすすめの頻度まとめ

ひと昔前までは敷居が高かったフェイシャルエステも、最近はかなり身近な存在になってきましたよね。

学生さんでも通いやすいエステサロンもあったりして、フェイシャルエステに通おうか検討している女性も多いのではないでしょうか?

しかし、初めてエステを受けるとなると「エステって本当に効果あるの?」「どのくらい効果が持続するの?」と、いろいろな疑問もあります!

そこで今回は、フェイシャルエステはどんな効果に期待できるのか、どのくらい効果が持続するのかについてリサーチしてみました♪

エステの主な効果とおすすめサロン

フェイシャルエステの主な効果は、「美肌」「美白」「小顔」「エイジングケア」「リラックス」の5つです。

それぞれおすすめのエステティックサロンを紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

美肌ケア

エステティックサロンのフェイシャルエステは、肌トラブルが起こりにくい健やか肌へと改善していきます。

肌トラブルと一言で言ってもさまざまな種類があるので、トラブルに合わせてメニューの内容を決めるようにしましょう。

ニキビ・ニキビ跡

ニキビは「過剰な皮脂の分泌」「毛穴の詰まり」「アクネ菌の繁殖」によって引き起こされる肌トラブルです。

毛穴の中には皮脂を分泌する「皮脂腺」があり、通常は皮脂腺で分泌された皮脂が毛穴を通って外へ排出されます。

しかし、不規則な生活やストレスなどの原因によって、皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴が詰まる原因となります。

本来であれば排出されるはずの皮脂ですが、毛穴が詰まることによって外へ排出されなくなると、皮脂を栄養とするアクネ菌が繁殖します。

ニキビを改善するためには、ケミカルピーリングやイオン導入の内容が含まれたコースがおすすめです!

【シーズラボ】ニキビ撃退フェイシャル

10種類以上ものピーリング剤のなかから、ニキビタイプ別に一人ひとりに合ったピーリング剤をセレクトして使用します。

さらに、イオン導入で肌に有効成分を浸透させ、ミネラル成分たっぷりの海藻パックで肌の状態を整えます。

すでに出来たしまったニキビ跡には、シーズラボの「ニキビ跡・凹凸解消コース」がおすすめです。

毛穴の引き締め

毛穴が開く原因はさまざまで、「過剰な皮脂の分泌」「肌の乾燥」「加齢による肌のたるみ」などが主な原因です。

毛穴の中に皮脂や古い角栓、メイク汚れが残っていると毛穴の黒ずみに繋がるので、クレンジングクリームとウォッシュを丁寧に行うことが大切です。

ほとんどのフェイシャルエステにはクレンジングやウォッシュの工程があり、スタッフが丁寧に毛穴の汚れをキレイに落としてくれます♪

また、より徹底した毛穴ケアを行いたい人は、超音波による振動で毛穴を洗浄するスキンスクライバー、毛穴吸引器によるバキュームを行うと効果的です。

【TBC】毛穴ケアフェイシャル

TBCの「毛穴ケアフェイシャル」は、毛穴の状態に合わせてお手入れ内容を変更する、毛穴ケアに特化したコースです。

セルフケアでは取り切れない毛穴汚れを徹底オフし、皮脂分泌と保湿のケアによって毛穴の開きを引き締めます。

乾燥

一般的な肌の乾燥は肌内部の水分が失われて、水分と油分のバランスが崩れることで引き起こされます。

エステティックサロンで使用される美容液は、市販のものよりも質の良い保湿成分を配合していることが多いので、肌乾燥で悩む人は一度美容のプロに任せてみてください♪

肌の乾燥を防ぐためには、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合された美容液がおすすめです。

【スリムビューティハウス】毛穴引き締め美顔コース

スリムビューティハウスの「毛穴引き締め美顔コース」では、優れた保水力を持つ生コラーゲンを贅沢に使用しています。

一般的な化粧品に用いられる加水分解コラーゲンの約600倍もの保水力なので、肌のハリや弾力作りをサポートしてくれるでしょう♪

美白ケア

ほとんどのフェイシャルエステではクレンジングや洗顔などの工程があり、プロの手による丁寧な洗浄だけでも十分に肌のくすみを改善できます。

しかし、より徹底的な美白ケアをしたいという人は、美白に効果が期待できる成分を配合した化粧品や、専用の美容機器を使用したコースを利用しましょう!

メラニン色素(黒色の色素)によるくすみ対策には、美白ケアに良いといわれているビタミンC誘導体やプラセンタのイオン導入がおすすめです。

血行不良によるくすみ解消には、リンパドレナージュで血行を促進させてあげてください。

シミや色素沈着を改善したいという人は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の活性化に期待できる光フェイシャルを試してみてください♪

【ソシエ】ホワイトシステムプラス

ソシエの基礎的なフェイシャルトリートメントを、一通り体験することができる人気の体験コースです。

美容機器は使用せずに、熟練のハンドテクニックのみでケアをするため、カラダだけでなく心までリラックスできます。

小顔ケア

顔のむくみを解消するためには、リンパドレナージュやフェイシャルマッサージなど、ハンドテクニックを要するケアがおすすめです。

また顔と頭皮は繋がっているので、フェイシャルマッサージだけでなく頭皮マッサージも小顔ケア効果に期待できます。

ただし、エステティシャンのテクニックに左右されるので、契約をする前に体験コースを利用してスタッフの技術力を確認しておきましょう。

美容機器を使用したコースを希望する人は、痩身エステで人気のキャビテーションを使用するコースがおすすめです!

【たかの友梨】スキャルプ&フェイシャル

顔と頭皮のWケアを行う新感覚フェイシャルで、熟練のハンドテクニックで顔と頭皮の両方をしっかりとほぐしてくれます。

さらに、スチーミング&パックで頭皮に潤いを補給するので、小顔ケアだけでなく温感リラクゼーションを堪能できます。

エイジングケア

年齢を重ねるにつれて表れるエイジングサイン、「しわ」や「たるみ」には光フェイシャルがおすすめです。

光フェイシャルには、肌のハリや弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞(せんいがさいぼう)の活性化に効果が期待できます。

さらに、ターンオーバーを促進させる効果にも期待できるので、なかなか消えない「シミ」の改善にも効果的です♪

できてしまった「しわ」「たるみ」「シミ」は、自己流ケアでは改善が難しいので、フェイシャルエステで美容のプロに任せてしまいましょう!

【銀座グラティア】BBL光フェイシャル

銀座グラティアの「BBL光フェイシャル」は、エステ業界初の先端美容機器(BBL)を採用した今注目のコースです!

従来の光フェイシャルでは熱による刺激やヤケドが懸念されていましたが、BBLはそれらのリスクを最小限に抑えているので、気になる部分には重ね打ちも可能です。

リラックス

何もせずにただ寝ているだけで心地よい時間を過ごすことができるフェイシャルエステは、精神をリラックスさせる効果にも期待できます。

普段から仕事を頑張っているOLさん、家事や育児に追われている主婦は、月に1度自分へのご褒美として通うのもいいですね♪

もちろん美容のモチベーションも上がるので、心身ともにキレイになれます!

リラックス効果を目的として通う場合は、体験コースで店内のBGMやコースで使用するアロマの香りをチェックしてみてください。

1カ月に1回の頻度で通うのがベスト

肌はターンオーバーを繰り返して一定の周期で生まれ変わっており、正常なターンオーバーの周期は28日間です。

そのため、フェイシャルエステの効果を最大限に発揮するためには、一般的にターンオーバーに合わせて1カ月に1回の間隔で通うことを推奨されます。

ただし場合によっては、2週間に1回の間隔で通うことをおすすめされる場合があります。

その理由は、28日周期で行われるターンオーバーは、厳密にいえば14日間ずつに分けることができるためです。

細胞が基底層で生まれて角質層まで押し上げられるまで、角質層に押し上げられた細胞が角質となるまでに、それぞれ14日間かかります。

角質となった細胞はのちに垢となって剥がれ落ちるため、ニキビケアのような肌を清潔に保つコースであれば、2週間に1回のお手入れをおすすめされます。

効果の持続期間はメニューによって異なる

フェイシャルエステの効果が持続する期間は、コースで使用する美容液や美容機器によって異なります

メニューによって一体どのくらい持続期間に差があるのか、大手有名エステティックサロン「ポーラ」のスタッフに聞いてみました。

ポーラの体験コースには、一番リーズナブルな「WHITISSIMO&MOISTISSIMOコース」、ベーシックな「APEXコース」、高級メニューである「BAコース」の3種類があります。

WHITISSIMO&MOISTISSIMOコース:1週間程度
APEXコース:2週間程度
BAコース:3週間~1カ月程度

同じエステティックサロンのコースでも、使用する美容液や美容機器が異なると、持続期間には3~4倍の差が生まれることが分かりました。

しかし、上記の期間はあくまで目安であり、肌質や環境などによって個人差があります。

私が実際に経験したフェイシャルエステの持続期間は最短で2~3日程度、最長であれば2週間程度エステ効果を実感しました。

セルフケアで相乗効果を高めよう

せっかくフェイシャルエステを受けてプルプル肌になったら、できるだけ長く効果を持続させたいですよね!

少しでもフェイシャルエステの効果を持続させるために、自宅でのセルフケアを行いましょう。

質の良い睡眠をとる

寝ている間は成長ホルモンが大量に分泌されるため、昔から「寝る子は育つ」という言葉がありますよね。

成長ホルモンは子供の身長を伸ばすホルモンだと思われがちですが、実は質の良い睡眠はお肌にとっても大切です!

睡眠改善委員会の調査によると、睡眠不足の人よりも質の良い睡眠をとっている人のほうが、肌トラブルが少ないという結果になりました。

成長ホルモンはカラダを成長させるだけでなく、細胞の修復や新陳代謝の促進など、美容と健康に欠かせません

エステ効果を持続させるためにも、毎晩質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

バランスの整った食事

美しい肌を保つためには、外側だけでなく内側からのアプローチも重要です。

ビタミンやタンパク質、コラーゲン、亜鉛、鉄分など、さまざまな栄養を取り入れるようにしてください。

「ダイエット中だから…」とお肉を控えている人も多いかもしれませんが、動物性のタンパク質には必須アミノ酸が含まれています!

毎日3食の食事を心がけて、野菜やお肉をバランスよく摂取するようにしましょう。

また、便秘の人は腸の中で悪玉菌が大量に増えて有害物質が発生し、ニキビや肌荒れの原因となってしまいます。

便秘気味の人は食物繊維や発酵食品を積極的に取り入れて、まずは腸内環境をキレイに保ちましょう♪

適度に運動をする

高校生や大学生は体育の授業でカラダを動かす機会がありますが、社会人になるとあまり運動する機会はありませんよね。

しかし、運動不足が肌トラブルや悩みを招いている可能性があります!

【運動で得られる効果】

・血行促進でくすみを解消
・新陳代謝が活性化してターンオーバー促進
・汗をかいて体内をデトックス
・筋肉増強によるリフトアップ
・成長ホルモンの分泌

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、血行を促進させて新陳代謝を高めるといわれています。

また、筋トレやウエイトリフティングなどの無酸素運動は、成長ホルモンの分泌を促す効果に期待できます。

エステに行くベストタイミングは?

結論から言うと、フェイシャルエステに行くタイミングは生理後1週間がおすすめです!

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、それぞれ生理周期に合わせて分泌量を調整しています。

生理後に多く分泌されるエストロゲンは「美ホルモン」と呼ばれており、美容に嬉しい働きをしてくれるホルモンです。

一方で生理前に多く分泌されるプロゲステロンは「ブスホルモン」と呼ばれ、皮脂の分泌量が増えるためニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

せっかくフェイシャルエステに行くのであれば、効果を最大限に発揮できる卵胞期に行くと良いでしょう♪

こんな時はエステを控えて!

結婚式などの大切なイベント前

大事なデートや同窓会、結婚式などのイベントが控えていると、ついフェイシャルエステで肌のコンディションを整えたくなりますよね。

しかし、必ずしもフェイシャルエステで使用する美容液が、あなたのお肌に合うとは限りません!

フェイシャルエステによって肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、大事なイベントの直前にフェイシャルエステを受けることはおすすめしません。

まとめ

フェイシャルエステで期待できる効果は、「美肌」「美白」「小顔」「エイジングケア」「リラックス」の主に5つです。

目的によって選ぶエステティックサロンやコースが異なるので、まずは何を目的として通うのかを明確にしておくことをおすすめします。

フェイシャルエステに通う頻度は、ターンオーバーに合わせて1カ月に1回の間隔が推奨されています。

美ホルモンであるエストロゲンが多く分泌される、生理後1週間に通うとよりエステの効果を実感できるでしょう。

また、フェイシャルエステの持続期間は肌質や環境によって個人差がありますが、生活習慣を改善することで効果を持続させることも可能です♪

こんな記事も読まれています